スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿区議会に陳情を提出しました!

2月19日、「集団的自衛権行使容認の閣議決定の撤回を求める新宿弁護士の会」は新宿区議会総務・区民委員会に「集団的自衛権行使を可能とする関係法令の改正を行わないよう求める意見書に関する陳情」と「特定秘密保護法の廃止を求める意見書に関する陳情」、新宿区内弁護士の賛同署名を提出しました。

翌20日には、新宿区議会各会派に陳情への賛同を求める要請行動を行いました。

草の根から声をあげて政府の暴走を食い止めていきましょう!




【集団的自衛権行使を可能とする関係法令の改正を行わないよう求める意見書に関する陳情】

1 要旨
 新宿区において、地方自治法第99条に基づき、集団的自衛権の行使を可能とする自衛隊法等関係法令の改正を行わないよう求める意見書を国(内閣および関係行政庁)に提出してください。
2 理由
  昨年7月1日、安倍内閣は、集団的自衛権の行使を容認する旨憲法解釈を変更する閣議決定をしました。現在、かかる閣議決定に基づき、自衛隊法等関係法令の改定に向けた作業が進められており、菅官房長官は、いっせい地方選後の5月連休明けに安全保障一括法案を提出することを明言しています。
  そもそも、集団的自衛権の行使は、歴代政府のもとでも、憲法9条に違反するものであり許されないとされてきたものです。その集団的自衛権の行使を可能とする法整備をするということは、これまでの我が国のあり方を根本的に変えるものです。それを、十分な情報提供や説明をすることなく、国民的議論もないままに、国会の終盤で法案を一括提出して数の力で短期間のうちに成立させようなどというのは到底許されるものではありません。昨年の新宿区議会総務区民委員会において、閣議決定について自民党、公明党会派からも「国民に十分説明しなかったのは反省すべき」「説明が非常に不足していることは間違いない」という声が上がったことからも分かるように、少なくとも、国の方針の大転換にあたっては、国民的議論を保障するだけの十分な情報提供と時間をかけなければいけないというのは会派を超えて一致する点ではないでしょうか。
  しかし、政府は閣議決定後も、集団的自衛権の行使がなぜ今必要なのか、なぜ急いで法制化をしなければならないのかについて、何ら国民の納得のいく説明をしていません。その証拠に、昨年の閣議決定後、直近の各種世論調査でも、集団的自衛権行使容認に反対する意見が半数以上を占める状況に変わりはなく、集団的自衛権の法制化を求める国民世論はほとんど存在しません。一方で、「テロとの戦争」に自衛隊が参加して泥沼の紛争に巻き込まれていくおそれはますます高まっています。
  集団的自衛権が行使される事態になれば、地方自治体も戦争に動員されます。政府が民意に基づかずに法制化を拙速に進めようとしている今、歯止めをかけるのは地方自治体の責務です。とりわけ新宿区は、平和都市宣言をしている地方自治体として、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないようにするために全力を尽くすべきです。
  よって、新宿区議会におかれましては、地方自治法99条に基づき、集団的自衛権行使を可能とする関係法令の改定を行わないよう、その旨の意見書を国に提出されたく、陳情致します。

【特定秘密保護法の廃止を求める意見書に関する陳情】

1 要旨
 新宿区において、地方自治法第99条に基づき、特定秘密の保護に関する法律(平成二十五年十二月十三日法律第百八号)の廃止を求める意見書を国(内閣および関係行政庁)に提出してください。
2 理由
  2014年12月10日、日本国憲法の基本原則を破壊する特定秘密の保護に関する法律(秘密保護法)が施行されました。すでに警察庁や外務省、国家安全保障会議(日本版NSC)や防衛省などが、約370件もの情報を特定秘密に指定したと報じられ(2014年末時点)、さらに数十万件にまで増えると言われます。議事録すら公開されない情報保全諮問会議のあり方を含め、多くの国民に危惧が広がっています。
  秘密保護法は、防衛、外交、テロやスパイ活動防止を口実に、政府にとって都合の悪い情報を「秘密」と指定することを認めるものです。これをチェックする第三者機関はなく、何が「秘密」であるかも秘密です。秘密を漏らした者はもちろん、秘密を知ろうとした者をも厳罰の対象とするもので、国民の知る権利を奪い、報道や表現の自由を大きく制約することになります。
  国民がさまざまな情報にアプローチする機会を奪い、国民主権をないがしろにした上、日本版NSCの設置や集団的自衛権の行使容認を含む閣議決定と一体となって、政府が国民に真実を知らせることなく、日本を戦争する国にしようとするものであり、日本国憲法の基本原則である平和主義を破壊するものにほかなりません。
秘密保護法は、法案発表後のパブリックコメントでも8割が反対の意見を寄せ、各種世論調査でも過半数の国民が反対し、多数の地方自治体で反対決議が挙げられました。日本弁護士連合会、各都道府県の全弁護士会も反対の意見を表明しています。
  ところが、政府はこうした反対世論を押し切って国会に法案を提出し、まともな国会審議もないまま採決が強行され法が成立させられました。法施行に向けた施行令や運用基準等の策定においても懸念が払しょくされることはなく、法律の成立及び施行後も、秘密保護法の廃止を求める声はますます大きくなっています。
  秘密保護法は、戦争への道を開くものであり、新宿区の平和都市としての在り方にも反します。秘密保護法を廃止し、その必要性やあり方を含め改めて国民的な議論を行うべきです。新宿区議会におかれましては、地方自治法第99条に基づき、秘密保護法の廃止を求める意見書を国に提出されたく、陳情致します。


憲法関係の学習会・集会情報

憲法関係の院内集会、学習会の情報です。

・2月25日(水)院内集会13:30~「戦争する国づくりストップ2・25署名提出院内集会」@衆院第2議員会館多目的会議 室(主催:憲法共同センター)

・3月7日(土)学習会14:00~17:00「緊急学習会 戦争法に備えよ」@連合会館大会議室(主催:社会文化法律セン ター&戦争をさせない1000人委員会)

・3月7日(土)学習会15:30~18:00「憲法会議結成50周年記念憲法講座」@全国家電会館5階講堂(主催:憲法会議)

・5月3日(日)憲法集会  時間や場所は未定。主催は「戦争させない・9条壊すな!総掛かり行動実行委員会」

新宿区議会「集団的自衛権行使容認反対」の陳情、10月6日に審議!

「集団的自衛権行使容認の閣議決定の撤回を求める新宿弁護士の会」(現在90名強)が
集団的自衛権行使容認の閣議決定の撤回を求める意見書を国に出すよう新宿区に求めた陳情が、
10月6日10時開催予定の総務委員会において審議されます!
ぜひご一緒に傍聴しましょう!

傍聴される方は、新宿区役所本庁舎5階の新宿区議会に直接お越しください。

新宿区議会に、陳情提出しました!

9月8日、新宿区議会に、「集団的自衛権行使容認の閣議決定の撤回を求める意見書に関する陳情」を提出しました。提出団体は、新宿区内に勤務する50名の弁護士で構成する「集団的自衛権行使容認の閣議決定の撤回を求める新宿弁護士の会」です。10月6日の審議までに、さらに賛同弁護士を集めます!
chinjyo2
chinjyo1

********************************

集団的自衛権行使容認の閣議決定の撤回を求める意見書に関する陳情
平成26年9月8日
新宿区議会議長
おぐら 利彦 様
                
      集団的自衛権行使容認の閣議決定の撤回を求める新宿弁護士の会
            代表   今 泉 義 竜   外49名
                      
1 要旨
 新宿区において、地方自治法第99条に基づき、集団的自衛権行使容認の閣議決定の撤回を求める意見書を国(内閣および関係行政庁)に提出してください。

2 理由
 2014年7月1日、安倍内閣は、憲法9条のもとでも集団的自衛権行使が容認されると憲法解釈を変更する旨の閣議決定をしました。
 集団的自衛権の行使は、日本が武力攻撃を受けていなくとも武力行使をするというものであり、国際紛争の解決のための戦争を放棄し、国の交戦権を否定した憲法9条のもとでは認められるものではありません。歴代政府のもとでも、我が国が行使できる自衛権は、自国への急迫不正の侵害があった場合に必要最小限の実力を行使する個別的自衛権に限定され、集団的自衛権の行使は憲法9条のもとでは許されないという解釈が積み重ねられてきたものです。それにもかかわらず、国会の審議もなしに内閣の独断で解釈を変更するということは、立憲主義を否定するものであり、閣議決定はそれ自体憲法違反です。
安倍内閣は、集団的自衛権等の「限定容認」であるとの主張を繰り返していますが、「わが国の存立が脅かされ、国民の生命、自由・・・が根底から覆される明白な危険」があるか、「ほかに適当な手段がない」かどうかの判断は、時の政権にまかされており、限定のための「要件」として意味をなしておりません。これでは際限のない戦争参加に大きく道を開く結果となります。
 各種世論調査にもあるとおり、今回の閣議決定は、主権者たる国民の納得を得られてもいません。
 新宿区は、昭和61年3月15日に、恒久平和を願い、平和都市宣言を行いました。新宿区には、国際平和のために率先して取り組むことが期待されています。集団的自衛権の行使容認は、進んで戦争の道を開くものであり、新宿区の平和都市としての在り方に反するものです。
 よって、新宿区議会におかれましては、地方自治法99条に基づき、集団的自衛権行使を容認した閣議決定に強く抗議し、これを撤回し、今後関係法令の改正等を行わないよう、その旨の意見書を国に提出されたく、陳情致します。

**********************************

6・24マリオン前宣伝

24日、有楽町マリオン前で集団的自衛権行使容認に反対する街頭宣伝を行いました。
「STOP 秘密保護法廃止」共同行動主催です。
写真は、演説する本田弁護士。

自民党はむちゃくちゃな論理で集団的自衛権行使容認にひた走っていますが、
公明党の混乱、世論の強い反発でそう簡単にはいかない情勢となっています。

憲法9条を捨て去って軍事力で他国の紛争に介入していく国になるのか、
憲法9条を持つ平和国家としてのブランドを活かして外交力によって紛争を解決できる国になるのか。

後者の道こそ、私たちが子どもたちに残していくべき国のあり方であろうと思います。

hond20140626.jpg




プロフィール

東京法律事務所憲法9条の会

Author:東京法律事務所憲法9条の会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
東京法律事務所9条の会
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。