スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新憲法制定と黒塗り教科書

東京法律事務所9条の会では、会10周年記念行事として、戦争体験の手記を募集しています。
寄せていただいた手記を、随時ブログでアップしていきます。
会員の渡辺和子さんから、手記をいただいたので掲載します。

***********************************************************

【日本国憲法】 
 新制中学3年生の社会科の時間に、緑色の表紙の「日本国憲法」が配られ、それを暗記するように言われた時、ちゃんとここに書いてあるのに「どうして覚えなくてはいけないのか?」とその先生の気が知れないとイヤになりました。

 今は亡きその先生の「新憲法」を手にした喜びをひしひしと思い、高齢、要介護の身で行動は出来ませんが、話すことは出来るので、「9条の会」の一員として語りかけることを続けています。

【黒塗り教科書】
 国民学校に入学し、日本は「神の国」と教えられて真面目に信じていた子供が、敗戦で今まで教えられたことは間違いだと墨を塗らされた時のショックは大変なものでした。人の言うことを自分で確かめなければいられない人間になりました。

(学童疎開のこと、焼夷弾の落ちる中を逃げたこと、ひもじかったことなど色々ありますが、目が思うようではなく書けないのが残念です)

                               渡辺和子
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京法律事務所憲法9条の会

Author:東京法律事務所憲法9条の会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
東京法律事務所9条の会
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。