スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「定数比例削減」を人質にとったやり方について

2012年11月14日夕方、偶然テレビを見て、党首討論の様子を知りました。自民党の安倍総裁との党首討論で、安倍氏が解散とその日時の明言を迫ったのに対し、野田首相は、逆に自民党と公明党に定数比例削減を来年の通常国会で必ず実行することの確約を迫り、その約束を条件に、16日に解散してもよい、と述べていました。
 なんと姑息で汚いやり方でしょう。
 そもそも野田氏が解散を迫られているのは、民主党政権が、国民の期待に反してマニフェストの公約を破り続けているからでしょう。普天間基地移設を反故にし、オスプレイの配備を漫然と認める。消費税を引き上げる。労働法制の抜本改正を行わない。税と社会保障の一体改革を推し進める。TPP交渉参加に前向きな姿勢を見せる。野田政権は、対米従属と大企業の利益奉仕に邁進し、そのことに「何が悪いの?」と開き直っている。このような態度が、国民からノーを突きつけられているから、解散を迫られていると思います。
 にもかかわらず、解散するのと引き換えに衆院定数比例削減に協力しろとは!こんな人質に取るようなやり方が、許されるはずありません。
 衆院定数比例削減と今度の解散の問題とは関係がありません。解散しなければいけないのなら、衆院定数比例削減と関係なく解散すればよい。どうしても衆院定数比例削減をしなければいけないと思うのなら、そのことを堂々と選挙で問えばよい。
 このようなやり方をする人物が、我が国の首相とは、まことに残念でなりません。
 安倍総裁のほうも、この野田首相の言明を批判するのではなく、「私たちは選挙公約で定数削減と選挙制度の改正を約束している。しっかりやっていく約束する。」と表明する始末です。全くもう、どうなっているんだ?
2012.11.14 笹山

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京法律事務所憲法9条の会

Author:東京法律事務所憲法9条の会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
東京法律事務所9条の会
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。