スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大飯原発3、4号機の再稼働に反対します

東京法律事務所は、下記の意見書を
福井県知事・各自治体、内閣官房・内閣府に提出しました。

********************


大飯原発3、4号機の再稼働に反対します

 〒160-0004 東京都新宿区四谷1-2伊藤ビル 
  電話 03-3355-0611 FAX 03-3357-5742
 東京法律事務所
  運営委員会議長 加藤健次
  事務局長    新居崎俊之


 私たちは、1955年創立以来、市民の生活と権利を守るために日々取り組んできた弁護士30人から成る法律事務所です。
 福島第一原発事故の被害者を救済する活動にも携わる中で、人類が制御できず、処理の不可能な大量の放射性物質を生み出す原子力発電は全面的に廃止しなければならないと痛感しています。

 今、福島第一原発が未だ危機的な状況を脱しておらず、被害者の苦しみが深刻さを増す中で、大飯原発が再稼動されようとしています。

 大規模な地震が関西でおこらないなどと断言することは誰一人できません。ひとたび大飯原発で過酷事故が発生した場合、被害はおおい町や福井県に留まらず、回復不可能な甚大な被害を広範囲にもたらすことは容易に想像できます。
 私たちは、以下のとおり要請します。

 住民の命と健康を最優先してください。
 子どもや孫の世代に恥ずかしくない判断をしてください。
 大飯原発を再稼動させないで下さい。


2012年6月2日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京法律事務所憲法9条の会

Author:東京法律事務所憲法9条の会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
東京法律事務所9条の会
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。