スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「軍事研究」2012年11月号を読んで(笹山)

 「軍事研究」という雑誌の2012年11月号を偶然読む機会がありました。

軍事研究

 その名の通り、軍事行動や軍事設備について、自衛隊やアメリカ軍のものを中心に様々に紹介する雑誌です。
 その中で、オスプレイに関して紹介する記事が2つ掲載されています。芦川淳さんという「防衛ジャーナリスト」という方が書いた「沖縄オスプレイ配備の裏側」という論稿と、石川巖さんという「軍事リポーター・元朝日新聞論説委員」という方が書いた、「防衛省シンポジウム見聞録 日米同盟とオスプレイの沖縄配備」というレポートの2つです。
 オスプレイをなぜ沖縄に配備するのか。実に率直な本音が聞かれて興味深い論稿でした。

 石川さんの文章は、表題に「シンポジウム見聞録」とあるように、今年の8月29日に開催された防衛省主催のシンポジウムでのシンポジストの発言の紹介がメインです。このシンポジウムに出席したアメリカ側の関係者は、「第26海兵オスプリ航空群司令官」のシーモア大佐、それからルーク駐日公使。シーモア大佐は、「(日米)安保のことなんかわからない」とした上で、オスプレイの沖縄配備について「戦場でも人道作戦でも証明された最良の機体だ。この地域に配備は大きなメリットになる。」と発言。ルーク公使も、「日米安保条約の義務として米国はオスプレイを沖縄に配備するのだ。あれこれ文句は言わせぬ」という趣旨を発言した、ということです。
 芦川さんの論稿によると、米軍にとっては、既に機体寿命の終わりを迎えつつあり苦肉の延命を続けているCH-46を手放し、一刻も早く機能的で性能を向上させた機体を手に入れたい。オスプレイは、長大な航続距離によって強襲揚陸艦による艦上輸送を待たずに即応展開を行うことができるため、速攻を旨とする米海兵隊にとっては待ち焦がれていた機体である、とのことです。
 そして両者の文面ともに、「オスプレイは安全である」という見解、発言が紹介されていました。

 両論稿で紹介される「オスプレイ配備の必要性」は、実に、率直な物言いです。結局のところ、オスプレイは米軍(海兵隊)の活動にとって必要で有用、ということに話は尽きるのであって、安保条約を根拠に米軍が沖縄に駐留している以上、配備は正当化されるわけです。これはオスプレイに限ったことではなく、オスプレイという特定の機体だけ特別視される話でもないわけです。
 私も、従前から、「オスプレイは危険だから」ということで反対する、というのには違和感を持っていました。先制攻撃を行う海兵隊に必要な装備を導入するのがおかしい、と考えていました。
 上記の2つの文章を見ても、ことは安保条約の是非、ということになるわけですね。ならば、それを直接問題にしましょう。安保条約は、必要なのか?

2012年11月24日 弁護士 笹山 尚人
スポンサーサイト
プロフィール

Author:東京法律事務所憲法9条の会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
東京法律事務所9条の会
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。