スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅草戦跡巡りツアー報告(今泉)

 本日、台東9条の会の木村さんの案内で、浅草寺とその周辺の戦跡を巡るツアーを行いました。約30名の申込みがあり、二手に分かれてのツアーとなりました。
 浅草寺の境内には、東京大空襲で焼け残った銀杏の木や平和地蔵尊、母子地蔵尊、浅草大平和塔、戦災供養地蔵尊といった戦跡がたくさん残っています。ひとつひとつを丁寧に案内して頂きました。
DSC_0418_convert_20120709181058.jpg
DSC_0417_convert_20120709181038.jpg

 私自身、浅草寺は何度か観光で来たことはあったのですが、こうした戦跡の存在をほとんど知りませんでした。黒こげになった樹皮の生々しさは、戦争がまだそう遠い話ではないことを実感させてくれます。
DSC_0420_convert_20120709181117.jpg

 浅草大平和塔には、ノーベル平和賞受賞者湯川秀樹氏の筆による「みたまよ/とこしえに/安らかに/われら守れん/世界の和」という碑文が置かれています。
 湯川博士は、初代原子力委員会委員長。しかし、湯川博士は、安全性を軽視して原発導入を急ぐ財界の意向に抗議し、就任1年後に辞任したとのこと。湯川博士が危惧したとおり、その後の財界主導の原発推進政策が、福島の事故につながったのです。

DSC_0416_convert_20120709180909.jpg

 言問橋(ことといばし)は、大空襲の犠牲者で埋め尽くされ、欄干が見えないほどだったそうです。今は、スカイツリーがよく見えるスポットとして、橋の近くを観光客が行き交っています。

DSC_0422_convert_20120709181150.jpg
DSC_0421_convert_20120709181133.jpg

 何も意識しなければ、気付かずに通り過ぎてしまう戦跡の数々。記憶を継承していくということの大切さを改めて感じました。
 なお、ツアー終了後は、東京大空襲でも焼け残ったという神谷バーにて懇親会。名物の「電気ブラン」を飲みました。
 昔は目新しいものには「電気」を付けていたというのが名前の由来とのこと。味音痴のため味の善し悪しは分かりませんが、飲みやすいブランデーでした。
 
スポンサーサイト
プロフィール

東京法律事務所憲法9条の会

Author:東京法律事務所憲法9条の会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
東京法律事務所9条の会
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。