スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石巻ボランティア報告(弁護士 本田伊孝)

東京法律事務所所属の弁護士3人,事務局2名で被災地石巻にボランティアに行ってきました。
10月中旬の金曜夜,新宿発,日曜の夕方に帰路というタイトなスケジュールでしたが,石巻の仮設住宅で支援物資をお届けし,法律相談も実施しました。

 法律相談の合間,入所者から仮設住宅の暮らしぶりについても話を聞きました。「石巻は11月になったら,寒くなる」「10月を過ぎても断熱材の取り付けられるのか決まっていない」と,宮城県知事への不満を漏らしていました。

 ボランティア活動の後,甚大な津波被害を受けた女川町を視察しました。女川漁港では津波と液状化の影響により4階建のビルはなぎ倒しになり,女川駅は駅舎自体が消滅していました。

 宮城県 県知事は漁業組合を解体し大企業誘致による復興を押し進めようとしています。被災地を視察し、漁業を建て直そうとしている地域住民の意見を反映した復興を目指すべきだと思いました。
スポンサーサイト
プロフィール

東京法律事務所憲法9条の会

Author:東京法律事務所憲法9条の会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
東京法律事務所9条の会
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。